読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クトゥルフ神話TRPG シナリオ置き場

初投稿です。

お見苦しいところはあると思いますがその時は指摘を添えてコメントしていただくと嬉しいです。

 

シナリオに出て来る魔道書は適当にいれて適当に改変しているのでスルーしてくれると助かります。

 

 

 

 

 

裏側の世界(鏡の世界)

 

〜必須技能〜
・忍び歩き

〜推奨技能〜
・目星
・生物学

〜準推奨技能〜
・医学
図書
・英語

〜導入〜
探索者の1人が目をさます。そこは知らない天井、知らない壁、知らない家具。目に入る情報の全てが初めてのものだ。ここで「幸運」を振り、成功者は「アイデア」を振る。せいこしたら、ここに来る前は朝、身支度をしていた事を思い出す。

〜最初の部屋〜
真っ白い壁、真っ白のカーペットが敷いてある。部屋には真ん中にテーブル、壁にはクローゼット、化粧台、人と同じくらいの鏡がある。正面には扉がある。

・テーブル
メモが置いてある。「やあ、おはよう。ダメじゃないか、こっちにきたら。気をつけてね、〇〇(出口)は3つあるから。」〇〇のところは不自然に抜けている。消えたというより最初からなかった感じ。裏「業火の上でその姿を現す。」

・化粧台
鏡の前に化粧品、香水などがたくさんある。「知識」で見たことのない化粧品しかないことがわかる。香水の匂いを嗅ぐとコーヒーの匂いがする。

・クローゼット
女の子の洋服がたくさん置いてある。中の壁に手鏡がかけてある。鏡の縁は黒の禍々しい模様がある。「アイデア」で女の子の使いそうな手鏡ではないと感じる。

・鏡
普通の鏡。大人1人が映るぐらいの大きさ。

・扉
扉には紙が貼ってある。(地図)

f:id:cloudccff7:20170122174750j:image

〜廊下〜
最初の部屋の扉を開けると廊下が続いている。左右に2つずつ扉がある。(特に特徴は無いので右手前、左手前、右奥、左奥の順でA.B.C.Dの部屋とする)Dの扉は半開き。「目星」に成功で中に蜘蛛が入っていくのが見える。Dの部屋からBの部屋に血の跡が付いていることがわかる。

・廊下の突き当たりには窓がある。そこから外を見ると、、、そこには人が鎖に繋がれており、その鎖を握っているのは、ペットであるはずの犬だった。犬は二足歩行で顔は目の焦点が合っておらず、障害者のような感じがした。その様な者が窓からたくさん見える。この様な衝撃的なモノを見た探索者はSANチェック。1/1d4+1
窓は開けることができず、壊すこともできない。攻撃を試みてもいいが、その時、窓に当たる前に弾かれる様な感覚がある事を伝える。

〜Aの部屋〜
扉を開けると、部屋の奥に本棚とガラスケースに様々な虫のレプリカが入っているのが見える。その中でも目立つのが、かなり大きい黄色い蝶だ。「生物学」に成功したらこの様な虫は地球にはいないことがわかる。

・「目星」に成功で部屋の隅でライターが落ちているのを見つける。

・本棚には全て生き物についての本があることがわかる。1冊だけ抜けていることがわかる。ここに(蜘蛛の生態)という本を入れると黄色い蝶が入っているガラスケースが割れる。

〜Bの部屋〜
暗くて最初はよく見えない。Cの部屋にあるランタンに火を灯して持ってくると探索できる。奥の壁には本がたくさん積んであるのがわかる。その横には男が壁にもたれかかっている。

・山積みの本は「図書館」に成功で〜〇〇の世界〜というタイトルの本と黒い模様で縁取られた本を見つける。(ダルシス第4の書)

〜鏡の世界〜
炙れば文字が出てくる。
内容⇨ここは良い生き物が称えられるところ。もう1人の自分がいる場所。この前であなたは自分を見つめ直す。ここでの理は混沌に堕ちる(挿絵に窓から見た景色があることがわかる)

〜ダルシス第4の書〜
イラストを見せる。

f:id:cloudccff7:20170122174855p:image

「英語」に成功すれば内容を説明する。SANチェック。1d6/2d6
クトゥルフ神話技能+11
「アイデア」で縁の模様が最初の部屋で見た手鏡と同じことがわかる。
・呪文
「英語」に成功すれば2つの呪文を取得することができる。悪夢と完全。1つにつきSANチェック。1/1d4

・男の体を調べると死んでいる事がわかる。SANチェック。1/1d4
「医学」で死んでからそんなに経ってないことと、死因は胸と腹にある大きな噛み傷からの出血と毒という事がわかる。
「医学」⇨「アイデア」に成功すればこの噛み傷から大きな怪物を想像してしまい、SANチェック。1/1d4
男はメモを握っていることがわかる。

・メモの内容⇨一体ここはどこなんだ。朝、歯を磨いてたと思っていたら急にこんなところにいた。ここから出る方法を見つけたけど、あの蜘蛛がどうしようもない。巣のあれを取ろうとしたら襲いかかってきやがった。そーいえばあそこに同じ様な物があった気がするな。後で行っ…
ここで文章は終わっていた。所々に血が付いており、男の衰弱具合がわかる。

〜Cの部屋〜
手前には長机に椅子が並べられており、奥にはキッチンがある。食堂の様な造りになっている。机の上には無造作に本が置いてある。

・キッチンには包丁や鍋、コンロ、冷蔵庫などが置いてある。コンロでメモを炙ったり、ランタンに火をつけても良い。

・包丁
包丁には緑色のドロドロした液体が付いており、それからは異臭がするとこがわかる。あまりの気味の悪さに吐き気をもよおしてしまう。SANチェック。1/1d3

・冷蔵庫の中には普段冷蔵庫に入れる様な物は入っていなかった。石やティッシュ、消しゴムなどがある。「アイデア」に成功すればこの様な物を食べるのかと想像し、SANチェック。0/1

・机の上の本
タイトルには〜蜘蛛の生態〜と書かれている。内容は難しい古語で書かれており、「日本語」−20で読むことができる。

・内容
蜘蛛は捉えた獲物をすぐには捕食せず保管する。蜘蛛はあまり目が良く無い。色の識別ができない。カフェインに弱い。「クトゥルフ神話」でレンの蜘蛛の糸は時空を越える効果を持っている事がわかる。

〜Dの部屋〜
半開きになっており、中を覗ける。薄暗く、全体は見えないが、天井に赤い点が8つあることがわかる。レンの蜘蛛が上から見ている。何も知らずに入ったり1番最初に入った時はまだ動こうとする様子がないことを伝える。
レンの蜘蛛を見た探索者はSANチェック。幸運成功で1/1d10。失敗で1/20(サイズ)
「忍び歩き」で中に入っても蜘蛛にバレずに行動できるが、アクションを起こすごとにもう一度「忍び歩き」に成功する必要がある。その時、
「忍び歩き」−【40−(POW+CON)】
の値で振る。失敗した場合は蜘蛛との戦闘になる。

・蜘蛛の巣
部屋の奥に蜘蛛の巣がある。巣には大きな青い蝶が止まっている。蝶は巣の中に入らなくても取れる距離にある。糸を取るには「生物学」に成功すれば、DEX×10で判定をする。失敗したらDEX×5で判定。失敗しても、もう一度できるが、「忍び歩き」の判定を挟まなければならない。

・壁の文字
中に入ると壁に乱雑に文字が書いてあるのが見える。これを読むには「目星」に成功する必要がある。文字は(自分を着飾る物に帰路有り)と書かれてある。

〜薬作り〜
・「青い蝶」「蜘蛛の糸」「人間の血」を鍋で煮込んだら薬ができる。これを口に含んでくぐった鏡の種類によって分岐がある。

〜化粧台の鏡〜
くぐった瞬間覚えていないはずの、ここに来る時の感覚がよみがえる。心地良い感覚の後、目がさめる。探索者は朝の身支度をしていた。鏡の前で歯をみがいている。さっきまでの出来事が嘘の様だ。またいつもの毎日を迎えることができる。
⇨ハッピーエンド

〜大きな鏡〜
くぐった時、体が落ちていく感覚がある。やっと帰れる、そう思った瞬間、目がさめる。家の中ではない。ここは見た記憶がある。あのさっきの建物の窓から見た景色と酷似している。人間が家畜にされるこの世界。絶望しかない未来を予想し、精神が崩壊する。
SANチェック。1d10/1d100
⇨バッドエンド

〜手鏡〜
小さな鏡だが、体を近づけた瞬間、鏡に飲み込まれていく感覚がある。しかし、これは比喩表現ではなく、実際に起きたことだとは自分が死ぬまで理解ができなかった。
キャラクターロスト
⇨バッドエンド

〜成功報酬〜
「生物学」
「忍び歩き」⇦やった探索者
クトゥルフ神話」+10

〜SAN回復〜
・ハッピーエンド⇨2d10
・炙りメッセージコンプリート⇨1d6
・レンの蜘蛛に香水をかける⇨1d6
・人間の血を男の死体から取る⇨1d6
・鏡の世界を読む前に鏡の中だと気づく⇨1d6